あなたの借金大幅減額!?借金減額シミュレーター診断・相談・債務整理
あなたの借金大幅減額!? 借金減額シミュレーターで診断・相談・債務整理<
トップページに戻る

債務整理解決法 | 債務整理相談センター

◆債務整理とは

債務整理とは、債権者と債務者が直接話し合う、あるいは裁判所を通じて話し合ったりすることで、元金のみの返済という形にする、あるいは借金の返済義務をなくすといったことです。
債権者と債務者が直接話し合って和解をする債務整理は任意整理と呼ばれます。債務者の代わりに弁護士や司法書士が代理人となって債権者と話すというのが一般的です。任意整理をする場合、利息はカットされるので債務は減額されますが、それでも返済義務は残るので、収入を得ている必要があります。なので無職の人は任意整理をすることは出来ませんし、またするメリットもありません。
では、無職の人にメリットのある債務整理方法は何かというと自己破産です。破産をすれば借金を返す必要がなくなります。ただ、まったくお金がなくても自己破産出来るわけではありません。というのは、自己破産の手続きは複雑なので弁護士に頼む必要があり、その場合は当然、報酬を支払わないといけないからです。また、自分で手続きを行うにしても、お金をかけずにすべて出来るというわけではありません。なので、自己破産をする場合は、自分のものでなくてもいいのでお金を用意しておく必要があります。後払いや分割払いで引き受けてくれる弁護士も多いので、まず、無職の立場で自己破産の手続きを依頼した後に仕事を始めるという方法もありだと言えるでしょう。弁護士が自己破産の手続きを始めれば債権者は督促をしなくなるので、じっくりと仕事を探すことが出来ます。

※家を残し破産ははNGの場合は「個人再生」か「任意整理」!

 

◆任意整理(にんいせいり)

任意整理は裁判所を介さず弁護士や司法書士の方が債権者と直接交渉をし、貴方の代わりに業者と交渉して金利を0にしたりして和解し、3年~5年くらいで返済できる金額に減額してもらう方法です。職も無く無収入であれば、「自己破産」になります。(資産はすべて没収です。)「任意整理」は弁護士や司法書士が、分割で支払っていきます。

<メリット>

・法定利息へ引き直して計算することで、借金を減額できます。

・これまでの遅延損害金、今後の将来利息カットが可能です。

<利用条件>

・原則として3年を目安に金額が返済できること。

・安定して収入を得ていること。

◆個人再生(こじんさいせい)

個人再生は住宅ローン以外の債務を大幅に減額でき、3年で返済をしていく方法です。住宅を手放す必要がないのが最大のメリットです。具体的には、公的な機関(裁判所)で借金の金額を大幅に減らしてもらい、残りを分割で支払っていきます。

◆自己破産(じこはさん)

自己破産は借金を全てなくすことが可能な、債務整理の最終手段といっていい手続きですが、自分のもっている財産はマイホームも全て処分され、債権者に配分されます。

<メリット>

・特別な借金を除き、法的に借金がなくなり、返済する義務がなくなります。

<利用条件>

・総額50万円を超えると財産(現金の場合は99万円を超える金額)が処分されることがあります。

・手続きの期間中に生命保険募集人、警備員等の一定の職業に就くことが制限されます。

◆特定調停(とくていちょうてい)

特定調停は重債務者本人が、裁判所の調停委員の元で、債権者と利息について直接交渉を行う方法です。和解後、3年~5年くらいで返済できる金額に減額してもらいます。

自己破産と個人再生は裁判所で処理しますから、官報に記載されます。

貴方が金融事故者であると公表されるわけです。任意整理は、お互いの話し合いで今後の支払い方法を和解するだけですので、官報には記載されません。

※債務整理でわからないことがあれば、近くの役所に電話で債務整理の事聞きたいと言えば良いし、消費者相談センターに電話して聞いても良いです。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

まず、相談シュミレーター診断ボタンを押し診断スタート!全国から、あなたに最適な相談者をピックアップします。【無料】
サイトマップ | 債務整理相談センター